糖尿病について|中国健康茶『青銭柳茶』
カートの中を見る
中国健康茶『青銭柳茶』トップ > 知っ得情報 > 糖尿病について




糖尿病について

どんな病気か?
血液中に含まれるぶどう糖(血糖)は、わたしたちの体のエネルギー源として生命の維持・活動に欠かせないものですが、血糖がエネルギー源としてはたらくためには、インスリンというホルモンの助けが必要です。インスリンは、すい臓の内分泌線であるランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌される血糖降下ホルモンで、糖尿病は、このインスリンが必要なだけ分泌されなかったり、分泌されても、その作用が十分に働かないために起こる病気です。インスリンが不足すると、ぶどう糖がエネルギーとして十分に利用されなくなり、血液中に多く残って高血糖(血液中のぶど糖濃度が高い状態)になります。血液中に残ったよぶんなぶどう糖は、腎臓から尿へ排泄されます(尿糖)。高血糖の状態が長く続くと、やがて多飲、多尿、全身倦怠感など糖尿病に特徴的な病状が現れます。たんぱく質や脂質などの代謝異常も起こってきます。そして、血糖が正しくコントロールされずに進行すると、ときには失明や生命の危険にさらされるような重大な病気をもたらします。
インスリン非依存型糖尿病は成人とくに中高年に発症する糖尿病の大部分がこの型です。β細胞はあっても、ぶどう糖に対するインスリン分泌反応の障害やインスリン効果の低下(インスリン抵抗性)によって除々に高血糖となります。これは遺伝的な体質に、過食、運動不足、その結果としての肥満、加齢などの後天的な因子が加わって発症すると考えられています。とくに肥満ではインスリンの作用が十分発揮できない状態となっています。この型の糖尿病の多くは、食事療法を主体に、運動療法や生活療法、経口血糖降下薬などでコントロールできるものですが、ときにはインスリン療法(インスリン注射)を行ったほうがよい場合あります。
 
症状 〜喉の渇き、尿量が増える〜
初期にははっきりした自覚症状はなく、軽度のうちは見過ごされがちですが、症状がはっきり現れるようになったら、糖尿病の程度はかなり進んでいます。糖尿病の症状は、三多一少といって、多尿、多飲、多食、体重減少が基本的な症状とされています。なかでも目立つのが多尿、多飲です。
多尿、口渇、多飲:血液中に大量のぶどう糖があると(高血糖)、血液の浸透圧が高いために、血液を薄めようとして細胞の水分が血液のなかに出て、細胞の水分が失われます。それに加えて、尿糖が出るために腎臓の尿細管のなかの浸透圧が上昇し、多量の水分が尿中に排泄されてしまいます。一回の尿量も排尿回数も増えます(多尿・頻尿)。ふつうの人の尿量は一日1〜1.5リットルですが、糖尿病ではその1.5〜2倍以上、ときには5リットルにも10リットルにもなることがあります。このようにして体は脱水状態となり、のどがやたらに渇き、水を飲みたくなります。実際、患者さんの訴えのなかでもっとも多いのがのどの渇きです。また多尿・頻尿は、しばしば夜間にトイレに行く回数が増えて気づかれます。
多食:糖尿病の人のなかには食欲が異常に旺盛になる人がみられます。とくに甘いものを好むようになります。インスリンの不足から、体のなかの栄養素が壊れ(異化)、空腹感が起きてたくさん食べるようになると考えられています。
体重が減る: かなりの速度で体重が減るようになると、重病の糖尿病といえます。著しいインスリン不足のためにぶどう糖が十分利用されず、かわりに脂肪やたんぱく質が分解されてエネルギー源として使われて減り、また大量のぶどう糖が尿に出てしまい、脱水も起きて、体重がどんどん減ります。
だるい、疲れやすい: 全身や下肢のだるさ、こむら返りが起こる、疲れやすいなどと訴える人がかなりみられます。
傷が治りにくい たんぱく質の合成が不十分で、しかも壊れていくために、体の修復能力が低下するため、傷が治りにくくなります。
感染しやすい: 感染に対して抵抗力が弱くなるため、おできができやすく、また化膿しやすくなります。カビにも感染しやすくなります。歯肉の炎症なども起こしやすく、歯槽膿漏にかかりやすくなります。
外陰部は、尿糖のためもあって細菌が繁殖しやすく、炎症を起こすと赤くただれたり、強いかゆみを起こすことがあります。
 
糖尿病の合併症
このように糖尿病の症状は実に多彩ですが、糖尿病で真に恐ろしいのは合併症です。
糖尿病をほっておくと、重大な合併症が起こってきます。
とくに毛細血管障害や高度の動脈硬化などの大血管障害や、神経障害が目立って現れ、ときには生命にかかわることもあります。このような合併症の発病を予防するために、血糖のコントロールが必要なのです。とくに、いま糖尿病にかかっている人が当面する問題は、次の五つの危険であり、それに対して最大の努力を払う必要があります。
・糖尿病網膜症による失明の危険
・糖尿病腎症による尿毒症(終末腎疾患)の危険
・糖尿病壊疽による下肢切断の危険
・インスリン不足による糖尿病昏睡
・重症低血糖(とくに血糖降下薬による低血糖事故)。
 
治療
糖尿病治療の目的は、インスリン不足あるいはインスリン抵抗性を是正して、血糖を正常に近い状態にコントロールし、糖尿病の終末像である合併症を予防することです。治療の柱は、食事療法、運動療法、薬物療法(経口血糖降下薬、インスリン)です。中でももっとも重要なのが食事療法です。インスリン非依存型糖尿病では多くの場合、食事療法と運動療法だけで改善されますが、薬物療法を行っている人でも、食事療法を正しく実践しなければ、十分な効果は得られません。
 
食事療法
体質に合わせた食生活の見直しをします。標準体重と労働の強度から、その人の適正エネルギー量を求め、そのなかで各栄養素のバランスのとれた食事を摂ります。一般的には、糖質55〜60%、たんぱく質15〜20%、脂質20〜30%が適正と考えられています。実際の食事療法は、医師や栄養士から指導を受けます。高血糖以外の代謝異常や合併症がある場合には、その対策が必要です。
インスリン非依存型糖尿病ではしばしば肥満を伴っていますが、肥満はインスリン抵抗性を高め、たくさんのインスリンを必要とする状態を引き起こすので、エネルギー量と脂肪摂取量を制限して減量し、適正体重を維持することが必要です。高血圧があれば塩分制限(一日6〜7グラム以下)を、高脂血症があるときはコレステロール制限(300ミリグラム以下)が必要です。
 
運動療法
適当な筋肉運動は、エネルギー消費を増して肥満を解消し、さらにインスリンの作用を高めて、血糖コントロールや脂質代謝の改善に役立ちます。むりなく、中等度の運動を、毎日続けることがたいせつです。たとえば、一日一万歩以上歩く、三十分から一時間体操するなどが勧められます。
 
薬物療法
インスリン依存型糖尿病では、ただちにインスリン注射療法を開始します。インスリン非依存型糖尿病では、食事療法と運動療法を正しく行っているにもかかわらず、血糖コントロールが不良の場合には、経口血糖降下薬を使います。それでも十分な効果が得られなければインスリン注射療法が必要になります。
 
青銭柳茶(消糖タイプ・消糖茶)
すい臓でインシュリンを生成する細胞を刺激することにより、インシュリンの産出を改善し分泌を促進します。その結果、ブドウ糖の利用を高め、血中の糖を抑えます。
上記の治療と平行して、このお茶を普段から御愛飲下さい。2〜3ヶ月で多数の方にGOT、GPTの肝臓検査数値の大幅な改善が見られております。特にウォーキングなどの運動療法を日常習慣として行い、運動中や運動後の喉の渇きに、消糖タイプお飲みくださると、より効果的です。