青銭柳茶 Q&A|中国健康茶『青銭柳茶』
カートの中を見る
中国健康茶『青銭柳茶』トップ > 知っ得情報 > 肥満・ダイエットについて




青銭柳茶 Q&A (よくあるご質問とその答え)

当店でよくお受けするご質問とその答えをまとめています。

どのお茶を飲めばいいのかわかりません
  肥満、高血圧、糖尿病などになる原因は様々です。またなりやすい体質の遺伝などもあるでしょう。 まず肥満になられて、それが原因で高血圧や糖尿になっている場合もあると思います。

どのお茶を飲めばいいのか

肥満による軽度の高血圧や初期の糖尿病などの場合は減肥茶をおすすめしておりますが、ある程度以上進行している場合は下記表の通り、2種類のお茶を組み合わせて飲まれることをおすすめしております。肥満に関係なく高血圧や糖尿病の症状がでている場合は降圧茶、消糖茶をおすすめします。

症状 おすすめするお茶
肥満、太り気味 減肥茶
糖尿病 消糖茶
高血圧 降圧茶
肥満で糖尿病 減肥茶と消糖茶
肥満で高血圧 減肥茶と降圧茶
 
お茶の飲み方は?
  お茶の飲み方は?急須に1包のお茶をいれ、熱湯を注いでください。通常の湯飲みで10杯〜15杯位を入れることができます。毎日の量は特に決まっていません。食前食後はもちろん、3時のおやつにも御愛飲下さい。夏は前の晩に入れておき、冷蔵庫で冷やしておくといいでしょう。その場合は必ず熱湯でお茶を入れてください。冷水では十分に成分が出ません。1包で1リットルの怜茶ができます。特に夏は出かけているときにのどが渇き、ついつい冷たいジュースや炭酸飲料を飲んでしまいます。糖分の多いものが多く、ダイエットや糖尿病には大敵です。
これらの代わりに、保冷ポットに入れた青銭柳茶を飲んでください。これだけでもほとんどの方に数値の改善が見られます。
 ただし、お茶の成分の為、利尿作用、排便作用があります。特に減肥茶にはその作用が顕著です。個人差がありますので各自、何杯位が適当か御確認下さい。下痢気味になる場合は量を減らすか味を薄くしてください。お茶の成分には、体内に摂取された糖分を分解して排出し、また脂肪を吸収する前に排出する作用があります。